2009年10月27日

太陽光発電の耐久年数と損益分岐点

太陽光発電は見積り比較で安くなる!!

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。

しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!











太陽光発電の損益分岐点を考える場合に重要と

なって来るのが、太陽光発電の耐久年数です。

太陽光発電の耐久年数は、長く見ると40〜50年とも

言われていますが、実際に太陽光発電が住宅用として

用いられるようになってから、それほど年数が

経っていないため、どのメーカーからも実績としての

公表はされていません。



唯一、シャープのみが太陽電池の耐用年数を

35年に伸ばしたと日経新聞で発表しています。

(H.18.4.18)

太陽光発電期待寿命としては、20年以上と

されていますし、35年ぐらいは持つ設備と

言われています。



しかし、パワーコンディショナなどの一部の部品に

関しては、どのメーカーでも、約15〜20年に一回、

部品の交換が必要とされ、メンテナンスが必要


されています。



ですが、交換が必要とされるのは、内部の駆動部分

のみの部品交換となり、メンテナンス費用としては、

パワーコンディショナ本体の約1/10ほどの費用だ

そうですので、それ程大きな負担となる事は

ありません。


太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!


posted by 太陽光発電でエコ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電 耐久年数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。