2009年10月31日

太陽光発電の損益分岐点、その4

太陽光発電は見積り比較で安くなる!!

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。

しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!











太陽光発電の損益分岐点をいろいろ考えてみましたが、

大ざっぱに太陽光発電の損益分岐点を計算式にすると

補助金を差し引いた初期費用+メンテナンス費用÷

年間の削減光熱費=償却年数となり、太陽光発電

設置したオール電化住宅と、太陽光発電を

設置していないオール電化住宅を比較、損益分岐点を

算出すると太陽光発電の損益分岐点は、23年位になると

述べたのですが、11月1日より、新しい制度として、

太陽光発電買い取り制度が実施されると太陽光発電の

損益分岐点は、さらに短い期間になります。



この新しく始まる太陽光発電買い取り制度は、電力各社が

自主的に価格を設定して太陽光発電による電力を買い取って

いる現在の制度が、新制度では、一律価格での買い取りが

電力会社に義務付けられるもので、住宅用は、

1キロ・ワット時あたり48円となり、現在の買い取り

相場の約2倍
となるからです。


この新しい太陽光発電買い取り制度ですが、太陽光発電の

普及が進み、太陽光発電設備の価格が低下していけば

買い取り価格も引き下げられ、設備の価格が半額になると

見込まれる3〜5年後には、制度を終える一時的制度

ですが、適用された買い取り価格は、10年間は、

維持
されることになり、太陽光発電の損益分岐点を

考える上では、非常に有利な制度と言えるでしょう。


太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!


posted by 太陽光発電でエコ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の損益分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

太陽光発電の損益分岐点、その3

太陽光発電は見積り比較で安くなる!!

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。

しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!











太陽光発電の損益分岐点を考える上で、気候や

設置条件等により、いろいろ異なってきますが、

太陽光発電の損益分岐点を計算式にすると

補助金を差し引いた初期費用+メンテナンス費用÷

年間の削減光熱費=償却年数となります。



おおまかに例をになりますが、例えば、4kW

太陽光発電を設置したオール電化住宅と、太陽光発電を

設置していないオール電化住宅を比較し、損益分岐点を

算出してみると太陽光発電の損益分岐点は、

23年位
になるそうです。


実際の購入価格によっては、この償却年数も変動

しますので、おおまかな参考の目安として下さい。

もうひとつ重要なのは、2007年以降は、世界規模の

エネルギー価格の高騰となり、電力価格も高騰と

なったのは、記憶に新しいところです。


近い将来、電力価格が上昇することも否定は出来ません。

もし、電力単価が上がり、値上がり率が上がれば

上がるほど、損益分岐計算は早くなり太陽光発電

損益分岐点も短い期間となるでしょう。


太陽光発電をクリーンなエコエネルギーと捉える

だけではなく、未来のエネルギー対するリスクヘッジ

と考える事も出来るのではないでしょうか。


太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!


posted by 太陽光発電でエコ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の損益分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

太陽光発電の損益分岐点、その2

太陽光発電は見積り比較で安くなる!!

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。

しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!











太陽光発電の損益分岐点を考える上で、オール電化

重要な要素である事は、お伝えしましたが、

どのように重要であるかをお伝えしたいと思います。


例えば、太陽光発電とオール電化を組み合わせる

事により、毎日の光熱費(電気代)は、4つに分けられます。

1、太陽光発電による電気を直接利用する

2、太陽光発電であまった電気を売電する

3、通常の買電(昼間電力料金)

4、安く買電(深夜電力料金)


以上の4パターンとなり、余分な電気の売電や

電気の不足分の買電価格は、時間によって異なり、

供給不足を招きかねない昼間は高く、電気使用の

少ない夜間は、低く設定されています。


また、オール電化住宅で採用される(季節)時間帯別

電力契約では、従量の電灯契約に比べて、昼間の単価は

少し割高になりますが、夜は、深夜電力の安い

電力が利用できます。


つまり、太陽光発電が自家発電できるのは、太陽が出ている

昼間に限られますから、夜は電力を買う買電になります。

ですが、昼間発電した余剰電力は、電力会社に売ることで

昼間は、電気を高く売る(売電)

夜は、電気を安く買う(買電)

という、昼間の売電価格が高く、夜の買電が安いという

図式になります。


新築で太陽光発電を設置する多くの方が、オール電化

住宅[時間帯別電力契約]を採用されています。


太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!


posted by 太陽光発電でエコ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の損益分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。