2009年10月25日

太陽光発電の損益分岐点、その1

太陽光発電は見積り比較で安くなる!!

最短2分の簡単入力で、複数業者から見積りが届く。

しかも、住んでいる地域の補助金も確認できる。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!











太陽光発電の設置を考えた場合に太陽光発電が、

クリーンなエコエネルギーであるのは分かるけれど

初期の設備費もかさみ、結局のところお得なのだろうか?

とお考えの方も多いのではないでしょうか。


太陽光発電にした場合、何年で元がとれるのか。

これこそが、太陽光発電の最大の関心事では

ないでしょうか。

この損得を計算する場合、日照時間や太陽光発電の規模

など、色々な要素が絡んできますが、ここでは単純化して、

次のような考え方で計算していきます。


太陽光発電を導入するためにかかる初期購入価格と

メンテナンス費用。

一方で、太陽光発電にすると、本来、電力会社に

支払うはずの電気代が少なくなるわけですから

電気代と太陽光発電の初期購入価格+メンテナンス

費用が何年間で相殺されるかという事になります。


つまり、太陽光発電の損益分岐点を計算式にすると

初期費用+メンテナンス費用÷年間の削減光熱費=

償却年数となります。



また、太陽光発電とオール電化を組み合わせる事で

今まで支払っていたガス代や灯油代も削減されます。

この太陽光発電とオール電化の組み合わせがガス代や

灯油代の削減だけではなく太陽光発電の損益分岐点の

大きな要素となります。



太陽光発電システム販売業者より
最大5社の見積りを一括でお届け!


posted by 太陽光発電でエコ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電の損益分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。